ジュエリーデザイン

ジュエリーCAD

3Dプリンターでジュエリーの原型を作る方法

更新日:

ジュエリー制作は、ロストワックス法が一般的ですが、原型を作るために3Dプリンターが活用されつつあります。

 

原型は手作業で作られますが、3Dプリンターを使うことで、

  • これまで実現できなかった形状やデザインを実現
  • 作業工程を大幅に削減し、納期短縮
  • 効率化により、制作コストも削減
  • CADデータと原型を一元管理

など、これまでできなかったデザインのジュエリーが制作でき、さらに品質、スピード、コストを一気に改善することができます。

 

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは、CADで作成したデータから立体造形物を出力するプリンターのことです。

 

今あるプリンターは、紙などの平面上のものに、インクで文字や絵、写真を印刷するものです。

3Dプリンターは、フィラメントや樹脂などの材料を積み重ねることで立体物を出力します。

熱で溶かした樹脂を積み重ねたり、樹脂に光を当てることで硬くして立体的な造形物をプリントすることが可能になります。

 

3Dプリンターには種類が数多くあります。

3Dプリンターの選び方は、次の要素をチェックしましょう。

  • 造形方式
  • 使える材質
  • 精度
  • 造形サイズ

です。

 

出力する造形物の精度や強度は、造形方式と素材の組み合わせによって決まります。

 

造形方式はいろいろありますが、普及しているのは、

  • 光造形法
  • 熱溶解積層法(FDM法)

です。

 

光造形法は、紫外線を液体状の樹脂に照射し、樹脂を一層ずつ硬化させて積み重ねる方法です。

高精細かつ表面が滑らかな造形物を作成することが可能です。

デメリットは、洗浄などの後処理に時間がかかったり、太陽光で硬化が進み壊れやすくなります。

今後は、耐久性のある樹脂が開発されるでしょう。

 

熱溶解積層法は、樹脂を高温で溶かし、積み重ねることで立体物を作成する方法です。

プラスティック製品と同じような強度と耐久性、耐熱性を持っています。

デメリットは、素材を積み重ねていくため、断層が目立ちやすいところがあります。

 

ジュエリーの原型を作るのであれば、光造形法を選びましょう。

光造形法の場合、素材は光硬化性樹脂になります。

 

精度は、

  • XY解像度
  • 積層ピッチ

で判断します。

 

積層ピッチとは、1層で何mmずつ積層するのかという値です。

積層ピッチが細かいほど滑らかになります。

しかし、カタログの数値からジュエリーに適した精度は分からないので、試作する必要があります。

 

-ジュエリーCAD

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.