Blenderパーティクル

Blenderパーティクル

Blenderのパーティクルの使い方

更新日:

パーティクルとは、メッシュから粒子を出力する機能です。

髪の毛を生やす用途でも使われます。

パーティクルは、パーティクルプロパティで設定します。

 

パーティクルを一定の方向に移動させたり、「フォースフィールド」など他の影響と組み合わせて使うことができます。

 

エミッターとヘアー

エミッター

一定期間、パーティクルを放射する機能です。

指定したオブジェクトから、開始フレームから終了フレームまでパーティクルを放射します。

生成されてから消滅するまでの寿命も設定することができます。

 

ヘアー

名前の通り、人間の髪の毛を生成する機能です。

髪の毛だけでなく、草や花、星なども表現することができます。

 

ヘアーの設定

放射は、数やヘアーの長さを設定します。

 

子パーティクルは、パーティクルの周りに追加でパーティクルを設定します。

「補間」は、メッシュの面と親パーティクルの間で子パーティクルが放出し、隣接する親パーティクルの間を補間します。

 

粗さ

「終端」は、パスの終端部分の粗さの量

「シェイプ」は、終端の粗さの形状

「ランダム」は、ランダムなベクトルに基づく粗さの量

 

レンダーは、レンダリング時にパーティクルがどのように表示されるのか設定します。

Bスプラインは、Bスプラインを使用して髪を補間します。

 

ビューポート表示は、3Dビューでのパーティクルの表示方法を設定します。

「ストランドステップ」は、3Dビューで描画するパスのステップ数で、ねじれなどの設定をしていた場合に変化が顕著に表れます。

 

配置する方法

「ヘアー」を選択します。

「頂点グループ」→「密度」で、ウェイトペイントに基づいて配置します。

 

「レンダー」→「レンダリング方法」を「オブジェクト」に設定し、「インスタンスオブジェクト」にオブジェクトを指定します。

 

「詳細設定」を有効にすると、「回転」パネルが表示されます。

「回転する軸」を「グローバルX」に設定します。

「ランダム化」で向きをランダムに配置します。

-Blenderパーティクル

Copyright© Jewelers Guild , 2022 All Rights Reserved.