Blenderグリースペンシル

Blenderグリースペンシル

Blenderのグリースペンシルの使い方

更新日:

グリースペンシルとは

ペイントソフトのように絵を描いたり、2Dアニメーションを制作することができます。

グリースペンシルに最適なワークスペース「2D Animation」が用意されています。

 

 

ペイントするときは、「オブジェクトモード」から「ドロー」に変更します。

「2D Animation」の場合、デフォルトで「ドロー」になっています。

 

グリースペンシルの基本操作

視点

デフォルトで配置されているカメラは正面から水平に配置されており、基本的にデフォルトのカメラ視点でペイントします。

さまざまな視点でペイントを行う場合、ヘッダーの「ドロー平面」メニューから選択します。

 

ペイントされる奥行き

  • 原点
  • 3Dカーソル
  • サーフェス
  • ストローク

 

サーフェスは、オブジェクトの面に沿ってペイントします。

「オフセット」で面とのすき間を設定します。

 

ストロークは、すでにペイントされている他のストロークに沿ってペイントすることができます。

 

マテリアル

グリースペンシルもメッシュと同じようにマテリアルを設定することができます。

 

モディファイア

グリースペンシルに対してモディファイアを設定することができます。

 

ビルド

アニメーションで徐々に生成させることができます。

 

簡略化

ポイントを減らして簡略化します。

 

ノイズ

ノイズを加えます。

「係数」でノイズの量を設定します。

 

スムーズ

スムーズなストロークに変形します。

「係数」でスムージングの量を設定します。

 

ラインの太さを変更します。

「幅の係数」でラインの太さを設定します。

 

色相/彩度

ラインや塗りの部分の色合いを変更します。

 

エフェクト

グリースペンシルに対してエフェクトを設定することができます。

 

ぼかし

「係数」で縦方向、横方向それぞれのぼかし度合いを設定します。

 

カラーライズ

色合いを変更します。

 

ライト

通常はライトの影響を受けませんが、ライトの影響を受けるようになります。

 

ピクセル化

「サイズ」で指定した大きさのピクセルでモザイク処理を行います。

ドット絵のようなエフェクトにもなります。

 

縁取り

「オフセット」で指定した位置のペイントの縁部分に指定した色を追加します。

ハイライトやシャドーの表現として使用できます。

 

アニメーション

オニオンスキン

前後のキーフレームの絵柄が表示されるようになります。

 

「オニオンスキン」パネルの「モード」

「キーフレーム」は、指定されている前後のキーフレーム数分の絵柄が表示されます。

「フレーム」は、キーフレームの有無にかかわらず、前後のフレーム数でオニオンスキンの表示範囲を指定できます。

「選択部位」は、ドープシートで選択したキーフレームの絵柄が表示されます。

-Blenderグリースペンシル

Copyright© Jewelers Guild , 2022 All Rights Reserved.