ワックスペンで修正

ワックスモデリング

【M13】割れたワックスの修正

更新日:

割れたワックスの修正方法をワックスペン、スパチュラーそれぞれで解説しています。

 

割れたワックス修正の動画解説

 

ワックスペンで修正

割れたワックスを合わせます。

温めたワックスペンの先で、ワックスの切断部分を馴染ませるように徐々に溶かします。

ワックスペンで修正

一体化して固まれば完成です。

全体的に修正部分は、ワックスがひけるために別のワックスをワックスペンで溶かしてひけた部分に盛っていきます。

ワックスペンで修正

固まったらヤスリで形を整えます。

ワックスペンで修正

 

ワックスペンは温度が安定しているため、初心の方向けです。

また、細かい部分の使用に適しています。ただし、高価な工具です。

 

使用道具

  • ワックスペン K10

 

 

スパチュラーで修正

ワックスペンの代わりにスパチュラーを使います。

温めるためにアルコールランプを使います。

直接スパチュラーを火に当ててワックスペンの代用とします。

スパチュラーで修正

ワックスがひけるために別のワックスをスパチュラーで溶かしてひけた部分に盛っていきます。

スパチュラーで修正

 

スパチュラーは直接火にワックスを当てれることで、より早く、より広い部分の修正に向いています。

価格が安いのも魅力です。

 

使用道具

  • スパチュラー K9-3
  • アルコールランプ K10

-ワックスモデリング

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.