ジュエリーのロウ付け

地金加工

ジュエリーのロウ付け講座

更新日:

ロウ付けとは

ロウ付けとは、貴金属と貴金属を接合する作業のことです。

接合するときに用いる金属を「ろう」と呼びます。

非常に小さく切って使います。

 

ろう付けの箇所に、フラックスをつけて作業します。

フラックスは、地金やろうの酸化を防ぐ役割があり、ろうの流れもよくします。

 

ろう付け作業は、神経を使う作業です。

手もとが狂うと、ろうが流れなかったり、パーツが思ったところをずれてしまったり、ということがあります。

 

ろう付け作業は、炎を使ったろう付けが一般的です。

バーナーは、シルバーやゴールドの場合は、ガスバーナーを使いますが、プラチナの場合は、融点が高いので酸素バーナーを使います。

 

ロウ材は、

  • プラチナには、プラチナろう
  • ゴールドには、金ろう
  • シルバーには、銀ろう
  • ホワイトゴールドには、ホワイトロウ

を用います。

 

それぞれのろうには、融点の低いものから高いものまで何種類があります。

ろう付けの作業は、融点の高い順から何種類かのろうを使って行います。

 

リングの接合

 

丸カンバチカンのロウ付け

 

丸カンのロウ付け

 

K18のロウ付け

 

ピアスのロウ付け

 

-地金加工

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.