Blenderワークスペース

Blenderモデリング

BlenderをCADとして使う方法

更新日:

Blenderは、3Dをモデリングする機能があり、stlファイルなど様々形式のファイルを出力することができます。

BlenderをCADソフトとして使うこともできそうですが、3Dプリンタ用のデータを作成するにはかゆいところに手が届かないという状況です。

 

長さの単位の設定

シーンプロパティの「単位」→「単位系」で長さの単位を指定することができます。

デフォルトは、メートル法です。

 

「長さ」で

  • キロメートル
  • メートル
  • センチメートル
  • ミリメートル
  • マイクロメートル

の単位を設定できます。

 

寸法の確認と変更

オブジェクトを選択し、「N」キーを押すとパネルが表示されます。

「アイテム」タブのトランスフォームに寸法が表示されます。

この寸法に直接数字を入力することで、大きさを変更することができます。

 

長さの確認

ビューポートオーバーレイ

編集モードに切り替えます。

ビューポートオーバーレイの「計測」の「辺の長さ」にチェックを入れます。

すると、オブジェクトの辺の長さが表示されます。

 

「面の角度」にチェックを入れると、面の角度が表示されます。

 

特定の辺や面の情報だけを表示したい場合は、辺や面選択モードにして選択すると、選択された情報のみ表示されます。

 

オブジェクトモードで小さくし、編集モードで辺の長さを確認しても長さが変わっていません。

この場合、「Ctrl+A」で「適用」→「スケール」を選択し、スケールの値を1.0にリセットすると、編集モードでの辺の長さが変わります。

 

メジャー

オブジェクトモードで、「メジャー」アイコンを選択します。

この状態で、測りたい部分をドラッグするとルーラーを引いて長さを測ることができます。

 

しかし、フリーハンドでメジャーを使うと多少ズレがあるので、「Ctrl」キーを押しながらドラッグすることでスナップしてくれます。

 

表示

小さなものをモデリングする場合は、「N」キー→「ビュー」→「焦点距離」の数値を上げると見やすくなります。

 

-Blenderモデリング

Copyright© Jewelers Guild , 2022 All Rights Reserved.