ジュエリーCAD リング制作

3DCADのShapr3Dで月型甲丸リングをモデリング

更新日:

月型甲丸リングのプロポーション

リングの断面

 

甲丸リングとは、断面を切ると半円になっている形状のリングです。

月型甲丸リングとは、トップの幅が太く、ボトムの幅が細くなっている甲丸リングです。

 

今回は、

  • 10号のリング
  • 10号の直径は16mm
  • 幅は、トップが3mm、ボトムが2.5mm
  • 厚みは、トップが3mm、ボトムが2mm、サイドが2.25mm
  • 外側は、甲丸
  • 内側は、comfort fit(内甲丸、指なじみ)

とします。

 

月型甲丸リングのモデリング

作成イメージとしては、

  • 厚みを考慮したリング
  • 幅を考慮した立方体

を作成し、交差(立方体の重なり合った部分を取り出す方法)するイメージです。

 

まず、厚みを考慮したリングを作成します。

月型甲丸リング

10号のリングの直径は、16mmなので半径8mmの円を描きます。

 

月型甲丸リング

厚みのガイド線を描きます。

トップが3mm、ボトムが2mm、サイドが2.25mmです。

 

月型甲丸リング

リングの外側を線で結びます。

 

月型甲丸リング

反対側をミラーで描きます。

 

月型甲丸リング

ガイド線をトリムで消します。

 

月型甲丸リング

幅を3mm以上、押し出します。

厚みを考慮したリングが完成です。

 

月型甲丸リング

次に、幅を考慮した立方体を作成します。

右側のビューに切り替えます。

 

月型甲丸リング

ガイドとして、中心線を引きます。

 

月型甲丸リング

トップが3mm、ボトムが2.5mmの線を描きます。

 

月型甲丸リング

線で結びます。

 

月型甲丸リング

月型甲丸リング

 

月型甲丸リング

リングを非表示にします。

 

月型甲丸リング

リングの大きさ以上の立方体を作成します。

 

月型甲丸リング

リングを表示させます。

 

月型甲丸リング

月型甲丸リング

メニュー「ツール」→「交差」を選択し、2つのオブジェクトが重なり合った部分を取り出します。

 

月型甲丸リング

取り出しました。

 

月型甲丸リング

月型甲丸リング

 

月型甲丸リング

月型甲丸リング

フィレットで、外側、内側を丸めます。

 

月型甲丸リング

完成です。

-ジュエリーCAD, リング制作

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.