ジュエリーデザイン

ジュエリーデザイン リング制作

リングの描き方

更新日:

リングの描き方

ジュエリーの中で人気の高いリングを描く時は、立体感を出すためにいくつかのポイントがあります。

 

ジュエリーのデザイン画は、見る角度によって

立体図 リングを立てた状態で斜め上から見た図

上面図 リングを上から見た図

正面図 リングを正面から見た図

側面図 リングを側面から見た図

があります。

 

これらの図は、お客さんとイメージを合わたり、制作するときの設計図となります。

正確に描かないと、違ったイメージになってしまったり、制作を外注する場合は制作できないことにもなります。

 

上面図の描き方

リング

リングを真上から見た図が、上面図です。

上面図だけでもリングの形をある程度理解することができます。

 

リングのサイズや厚みを知ることができます。

サイズは内径の幅で何サイズかが決まるので、内径幅を正確にいれることが大切です。

厚みは、両端のラインをしっかり描きます。

 

ボリュームや奥行きを出すためには、シェーディングをする必要があります。

 

正面図の描き方

リング

正面図は、真正面から見た図で、腕の厚みや高さ、構造を知ることができます。

 

リングの内径は上面図のサイズに合わせます。

腕の厚みは、3~4mmまでを限度とし、普通は1~2mmとします。

稜線部分を描くようにします。

上面図の各パーツが照合するように構造を考えます。

 

側面図の描き方

リング

上面図と側面図で大体のリングの形状を把握することができます。

側面図は、腕の側面にデザインが施されていたり、腕の絞りが特徴的なデザインの場合は、側面図が必要です。

 

腕の中央の幅は、上面図の両サイドの幅に合わせる。

上面図、正面図の各パーツがすべて適合するよう考える。

 

立体図の描き方

リング

リングの立体的なニュアンスを伝えたいときは、立体図が必要です。

立体的な全体像があると、イメージする時もよく理解できます。

リングを斜め上から描くことで立体感を出すことができます。

 

それぞれのパーツが各図面と同じ割合になるようにバランスに気を付けます。

基本の楕円が歪まないようにします。

上部のデザインと腕のつながりが自然になるようにフリーハンドで整えます。

-ジュエリーデザイン, リング制作

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.