月型甲丸リング

ジュエリーCAD リング制作

3DCADのShapr3Dで月型甲丸リングをモデリング

更新日:

制作した石留めとリングを結合します。

 

バスケットセッティング
3DCADのShapr3Dでバスケットセッティングをモデリング

1ctのダイヤモンドを4本爪のバスケットセッティングで留める方法を解説します。   バスケットセッティングのプロポーション バスケットセッティングは、このような形状です。 必要なオブジェクト ...

続きを見る

 

3DCADのShapr3Dで月型甲丸リングをモデリング

月型甲丸リングのプロポーション   甲丸リングとは、断面を切ると半円になっている形状のリングです。 月型甲丸リングとは、トップの幅が太く、ボトムの幅が細くなっている甲丸リングです。 &nbs ...

続きを見る

 

月型甲丸リングをモデリング

月型甲丸リング

石留めと、リングを表示させます。

 

月型甲丸リング

石留めを移動させます。

石留めの爪がリングの内側から飛び出さない位置に配置します。

 

月型甲丸リング

上部からの視点に切り替えます。

 

月型甲丸リング

石留めを45度回転させます。

 

月型甲丸リング

次に、石枠と重なっている部分の腕をカットします。

削除用のオブジェクトを作成し、減算処理で腕から削除します。

 

フロントビューに切り替え、爪のライン、腕のラインに沿って削除用オブジェクトの線を描きます。

 

月型甲丸リング

石留め、腕を非表示にします。

そして、削除用オブジェクトを上下に押し出して、立方体を作成します。

 

月型甲丸リング

腕を表示させます。

 

月型甲丸リング

メニューから「ツール」→「減算」を選び、腕から削除用のオブジェクトを取り除きます。

 

月型甲丸リング

取り除かれました。

 

月型甲丸リング

石留めを表示します。

 

月型甲丸リング

完成です。

-ジュエリーCAD, リング制作

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.