ダイヤモンドリング

ジュエリーCAD リング制作

3DCADのShapr3Dでダイヤモンドリングをモデリング

更新日:

Shapr3dのダイヤモンドリング

Shapr3dのYouTubeで、ダイヤモンドリングのモデリングのダイジェスト動画がアップされています。

この記事では、このダイヤモンドリングの制作方法を解説していきます。

 

ダイヤリングのモデリング手順

ダイヤモンドリング

10号のリングを想定し、半径を8mm、厚さを2mmとします。

 

ダイヤモンドリング

リングのサイドに線を入れます。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドリング

リングのボトムを立体化します。

腕の幅は2㎜に設定します。

 

ダイヤモンドリング

トップの幅は大きくとります。

 

ダイヤモンドリング

次に、リングのデザインをスケッチします。

まず、リングのトップを覆う大きさの平面を作成します。

 

ダイヤモンドリング

メニュー「追加」→「構造平面」を選択します。

 

ダイヤモンドリング

平面をリングトップの上に移動します。

 

ダイヤモンドリング

次に、平面上にリングのデザインを描いていきます。

上部からの視点に切り替え、リングトップを非表示にし、ボトムに合わせて描いていきます。

ポイントは、弧はリングの中心を通るように描きます。

 

ダイヤモンドリング

「エッジをオフセット」を選んで、内側に移動させます。

 

ダイヤモンドリング

デザインを描いていきます。

 

ダイヤモンドリング

余計な線をトリムで削除します。

 

ダイヤモンドリング

 

ダイヤモンドリング

リングのボトムを非表示にし、トップを表示します。

スケッチしたデザインを切り取っていきます。

 

ダイヤモンドリング

まず、リングの形を切り取ります。

スケッチした面をすべて選択します。

 

ダイヤモンドリング

そして、矢印をリングに向かって移動させます。

 

ダイヤモンドリング

長さの隣にある図形マークを選択し、「交差する」を選択します。

 

ダイヤモンドリング

リングの型とスケッチしたデザインが重なった部分が取り出されます。

 

ダイヤモンドリング

次は、穴を開ける部分を選択します。

 

ダイヤモンドリング

穴が開きました。

 

ダイヤモンドリング

リングのボトムを表示させます。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドリング

サイドと先端を丸くします。

 

ダイヤモンドリング

リングのトップを選択し、コピーアイコンを選びます。

 

ダイヤモンドリング

回転軸をリングの中心に移動させます。

 

ダイヤモンドリング

180度回転させます。

 

ダイヤモンドリング

リング部分が完成です。

 

ダイヤモンドリング

次にダイヤモンドを描いていきます。

上部からの視点に切り替え、八角形を描きます。

 

ダイヤモンドリング

まずは、ダイヤモンドのクラウンから立体化します。

上に押し出し、先端を絞ります。

 

ダイヤモンドリング

そして、高さを抑えます。

 

ダイヤモンドリング

次に、パビリオンを立体化します。

クラウンに比べて高さを高めにします。

 

ダイヤモンドリング

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドが完成です。

クラウンとパビリオンの立方体を「ツール」→「ユニオン」で結合します。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドリング

次に、ダイヤモンドを配置していきます。

現在地を確認して、移動します。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドの角度を変えて、

 

ダイヤモンドリング

リングにはめます。

 

ダイヤモンドリング

次に、ダイヤモンドをコピーします。

回転軸をリングの中心に移動し、コピーアイコンを選択します。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドをコピーします。

 

ダイヤモンドリング

枠の形状に合わせて、ダイヤの位置を調整します。

 

ダイヤモンドリング

ダイヤモンドをコピーします。

回転軸をリングの中心に移動します。

 

ダイヤモンドリング

コピーできました。

 

ダイヤモンドリング

完成です。

-ジュエリーCAD, リング制作

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.