Blenderメタル

Blenderマテリアル

【初心者向け】Blenderでリアルな金属を作る方法

更新日:

Blenderで金属を作る手順

  1. モデリング
  2. マテリアル
  3. レンダリング

 

モデリング手順

メッシュ

デフォルトの立方体を削除

UV球を追加

スムーズシェードで滑らかに

 

モディファイアの適用

サブディビジョンサーフェス

「ビューポートのレベル数」:3

「レンダー」:3

 

マテリアル設定

「Shading」のワークスペースを選択

マテリアルプレビューモードに切り替え

「新規」ボタンを押して、マテリアルを作成

 

メタリック

プリンシプルBSDF

メタリック:1.0

 

凹凸を表現

  • ノイズテクスチャ
  • ボロノイテクスチャ
  • カラーランプ
  • バンプ
  • ノーマル

 

ノイズテクスチャ

スケール:2.8

細かさ:5.7

 

バンプ

強さ:0.23

 

粗さを表現

ノイズの模様で金属の曇りを表現します。

  • ノイズテクスチャ
  • カラーマップ
  • 粗さ

 

ノイズテクスチャ

スケール:4.6

細かさ:3.4

 

カラーランプ

黒と粗さ0が連動

黒はRGBの数値が0

白はRGBの数値が1

 

キズを付ける

  • ノイズテクスチャ
  • カラーランプ
  • バンプ
  • ノーマル

 

ノイズテクスチャ

スケール:2.8

細かさ:4.6

 

バンプ

強さ:0.65

反転:有効

 

レンダリング設定

レンダープレビューモードに切り替え

 

ワールドの設定

ワールドプロパティの「カラー」から「環境テクスチャ」を選択

「開く」からHDRI画像を選択

 

HDRIファイルの入手

環境マッピングとは、周囲の環境を疑似的に表現する手法です。

テクスチャとしては、階調の精度が高いファイル形式HDRIファイルを使用します。

 

HDRIファイルは

https://polyhaven.com/

からダウンロード

 

ライトの設定

「ポイントライト」位置の調整

 

カメラの設定

「N」メニューの「ビュー」タブの「カメラをビューに」を有効

 

レンダーエンジンの設定

レンダープロパティの

「レンダーエンジン」を「Cycles」

「デバイス」を「GPU演算」

 

出力設定

出力プロパティの

「解像度」で出力サイズを設定

「出力」で「保存先」を設定

「ファイルフォーマット」で「PNG」を設定

-Blenderマテリアル

Copyright© Jewelers Guild , 2022 All Rights Reserved.