ジュエリー販売

ジュエリー業界の今後の見通しとやるべきこと

更新日:

今後の日本の景気

ジュエリーは、必需品ではないため景気の影響を受けやすい業界です。

日本市場においては、

  • 人口減少により消費者の絶対数が減る
  • 消費増税により景気悪化は確実

なので、市場規模はゆるやかに縮んでいくことは確実です。

 

期待できる分野

ジュエリー市場の中で唯一期待できる分野がインバウンド需要でした。

しかし、コロナの影響でインバウンド市場は消滅しました。

 

ジュエリー企業がやるべきこと

国内のジュエリー業界の見通しは非常に厳しいことが予想されます。

 

今後予想されることは、廃業やM&Aによる事業淘汰が起こります。

つまり、生き残りをかけた戦いが始まります。

 

ジュエリー業界は、

  • 多品種少量生産
  • 消費者からすると不透明
  • 無駄な商習慣や業務プロセスが多い
  • IT化が進んでいない
  • 経営、マーケティング、ITの人材不足

という特徴と問題を抱えています。

 

しかし、逆に考えると、企業レベルでは戦い方によってまだまだ成長できる余地が大きいといえます。

成長する為に必要なのがデジタルトランスフォーメーションです。

 

デジタルトランスフォーメーションは、いろいろな要素がありますが、大きく

  • テクノロジー
  • ビジネスモデル

がポイントです。

 

ジュエリー業界のテクノロジーの活用

ジュエリー業界において、CAD、3Dプリンタ、AR/VR、ビッグデータ、などのテクノロジーを活用することができます。

 

既にジュエリー業界では、CADと3Dプリンタを活用し、制作プロセスの生産性を高める取り組みがされています。

しかし、デザイナーとCADオペレーター、ジュエリー職人の仕事が分業化され知識のギャップがあるので、工程がスムーズに進まないことも多いです。

 

AR/VRは、制作工程や接客の場面で活用することが期待できます。

 

ビッグデータを十分に活用できているジュエリー企業もまだまだ少ないのが現状です。

制作工程や販売情報がデータ化されず、個人の経験と勘に頼ることが多く、データに基づくアクションができず、組織としてノウハウが蓄積できていません。

 

テクノロジーを活用することで、生産性を上げる余地はまだまだあります。

 

ジュエリー業界のビジネスモデルの活用

ビジネスモデルは、プラットフォーム、サブスクリプション、D2C、EC、などを活用することができます。

ビジネスモデルを構築することで、小売りの枠組みを超えたビジネスに拡大することが出来ます。

 

ジュエリー業界のプラットフォームを構築できるとビジネスを展開できる可能性が広がるでしょう。

ECならジュエリー版や宝石版のアマゾンや楽天を作ってもいいでしょう。

市場は小さいですが、ジュエリーデザイナーとジュエリー職人のマッチングプラットフォームも可能性があります。

 

サブスクリプションは強力なビジネスモデルです。

簡単に言うと、月額課金モデルです。

ネットフリックスやアマゾンなどの映画の月額課金やファッション、お菓子、お花など次々とサービスが立ち上がっています。

 

サービス提供者からすれば、毎月の売上見通しが立てやすいので経営が安定します。

利用者は、お手軽な金額でいろいろなモノを試すことができるという利点があります。

ジュエリーレンタルや毎月宝石が送られてくるサービスがあります。

 

D2Cとは、Direct to Consumerの略でメーカーが直接消費者に販売するビジネスモデルです。

仲介業者を挟まないためコストが削減できる、SNSなどWebマーケティングを活用することでファンを獲得する、お客さんの声を活用できる、など様々なメリットがあります。

D2Cはスモールマスに刺さる商品やサービスに相性がいいので、ジュエリー業界にはピッタリです。

 

様々な分野でECは伸びていますが、ジュエリーとの相性はあまりよくありません。

やはりジュエリーは直接見て、触って購入するのが一番です。

カルティエやティファニーなどのラグジュアリーブランドもオンラインストアを展開していますが、ブランドの信頼感と店舗で実物を確認してから購入するという流れもあるので成り立っています。

時間はかかりますがEC経由でのジュエリー購入は必ず伸びる、また海外への販売も期待できるのでじっくり取り組むことが必要です。

 

ジュエリー業界の課題

ジュエリー業界は、デジタル化によって大きく変革できる可能性のある業界ですが、もっとデジタル化に遠い業界でもあります。

 

残念ながら、衰退することが確実なジュエリー業界に優秀な経営、マーケティング、ITの人材が入ってくることはないでしょう。

デジタルトランスフォーメーションは企業単体で取り組むしかありません。

 

ジュエラーズギルドでは、テクノロジーの活用やビジネスモデルの構築をサポートすることによって、制作と販売の生産性を上げることを目指します。

-ジュエリー販売

Copyright© Jewelers Guild , 2020 All Rights Reserved.